アボカドが格段に美味しく!絶品味噌漬け | 【国産有機】発酵食品専門 カネサオーガニック味噌工房

2019/08/06 11:58

こんにちは!カネサオーガニック味噌工房です。

前回の塩糀篇に引き続き、今回は発酵調味料"漬け"系レシピー味噌篇ーをお届けしたいと思います!

レシピの前に、発酵調味料に漬けるとどんなメリットがあるんでしょう?

1. 保存性が高まる!

2. 旨味UP

3.お肉やお魚なら、しっとり柔らかに!

例えば魚は、鮮度劣化がとても早い食材。買って来たらすぐ、味噌漬けにすることによって保存性が2〜3日は延びます。

味噌に漬けることによって、酵素が食材のタンパク質を分解しアミノ酸にすることで、奥深い旨味を加えます。

また、同様に酵素の力でパサパサしがちなお肉やお魚も、しっとり柔らかに仕上げてくれます。

一般的に味噌漬け=味噌・みりん・砂糖を混ぜたものをいわゆる「味噌床」を呼ぶことが多いです。

今回は、ちょっと変わりダネの味噌床も紹介したいと思います。

それではレシピをどうぞ!

アボカドの味噌漬け


野菜の味噌漬けの中で、一番のおすすめはアボカド!

旨味たっぷりで、そのままご飯にのせるだけで美味しく召し上がれます。

薄くスライスして食べるのも良いですが、マッシュにして新鮮なハーブをたくさんいれるとディップにもなります。

クラッカーにたっぷりのせて食べてみてください!

●作り方●

味噌:みりん=1:1で混ぜ合わせる。

アボカドを半分に切り、皮・種を取り、味噌床をまんべんなく表面に塗る。

表面が空気に触れないよう、ラップで包み保存袋(ジップロック等)にいれ冷蔵庫で一晩おく。

*時間をおくのは、長くて一晩までをおすすめします。

豚肉の味噌 x ヨーグルト漬け


ヨーグルトの効果でさらにしっとり柔らかに。調味料も2つだけで混ぜるだけなので、つくりおきにおすすめ!

●作り方●

味噌:ヨーグルト=1:2の割合で混ぜ合せる。

豚肉の表面にまんべんなく塗り、保存袋(ジップロック等)で一晩おく。

あとは焼くだけで完成です。

ヨーグルトは無糖のものを使ってくださいね。

最後にレモンをぎゅっと絞って、ご飯にのせて食べましょう!


参考になりましたでしょうか?

今後も色々なレシピなどを紹介していきます。

ぜひWEBサイトもチェックしてみてくださいね。

今回使ったお味噌はこちら。カネサ一番人気の有機生味噌。